【Tabugon】たぶごん

 京都にある禅林寺、通称、永観堂は、紅葉で有名なのですが、その境内に”永

観堂幼稚園”があります。倒壊の恐れのあった、タブノキを遊具にしたというニ

ュースを見たので紹介します。

 2年前の台風で、樹齢300年のタブノキが、倒れそうになっていました。

子供たちに被害が起きてしまっては、遅いので切ることにしました。中は、空洞

で、3メートル70センチもあり、防腐処理をして、遊具としてよみがえりまし

た。かつて、”ドラゴン”のようにそびえ立っていて、”タブノキ”と合わせて、”た

ぶごん”になりました。命の大切さを学べる生きた教材として、京都新聞に紹介

されていました。たぶごんで遊ぶ、子供たちの声が聞こえてきそうです。

Zenrin-Ji Temple in Kyoto, commonly known as Eikando, is famous for its

autumnal foliage, and within its precincts is the Eikando Kindergarten.

I saw the news about a “tabunoki tree” that was in danger of collapsing

and was turned into playground equipment.

A 300-year-old tabunoki tree nearly toppled in a typhoon two years ago.

Staff decided to cut it off because it is too late after it does any damage to

children. The inside of the tree was hollow, 3 meters 70 centimeters long.

After embalming it, it was resurrected as playground equipment.

As it used to tower like a “dragon” and it was “tabunoki”, it was named

“tabugon”.

It was introduced in the Kyoto Shimbun (newspaper in English) as a living

teaching aid for learning the importance of life.

We can almost hear the voice of children playing in the “tabugon”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です