【Yokozuna-iwashi】ヨコヅナイワシ

  静岡県沖で、深海魚の「ヨコヅナイワシ」が捕獲されたニュースを見ました。

 普通のイワシは、10㎝~30㎝なのですが、このヨコヅナイワシは、1m~

1m30㎝くらいあったそうです。おそらく、普通のイワシは、深海魚ではない

が、系統が同じだったので、この名がついたと思われます。”ヨコヅナ”は、相撲

の中で一番強い”横綱”を表しています。

 近年、イワシの捕獲量は減って、需要とのアンバランスがニュースになってい

ます。日本やポルトガルで多く食べられていますが、海外では”サーデーン”の缶

詰が有名かもしれません。日本だけが、数種類をまとめて、”イワシ”と呼んでい

るようです。

 細かいところまでこだわるときと、そうでないときがある日本人です。

面白いです。

 下記の絵は、NHKのNEWS WEBからの引用ですが、深海魚なので、海から釣

り上げられたときは、恐ろしい様子になってました。今回は、研究者によって釣

り上げられたようです。まだまだ、海は不思議なところです。

I saw a news report about the capture of a deep-sea fish called “Yokozuna-

iwashi” off the coast of Shizuoka Prefecture.

Ordinary iwashi (sardine in English) is between 10cm and 30cm long, but

this one was about 1meter to 1meter and 30cm long.

Presumably, the common sardine was not a deep-sea fish, but had the

same strain, hence they called “iwashi”. “Yokozuna” means the name of the

strongest sumo wrestler in the sumo world.

In recent years the catch of sardines has fallen, and the imbalance with

demand has been in the news. It is most commonly eaten in Japan and

Portugal, but is perhaps better known in the other countries as canned

“sardines”. Only in Japan do several species seem to be grouped and called

“iwashi”.

Sometimes we are a detail-oriented Japanese and we are not. It’s funny.

The picture below is taken from NHK’s NEWS WEB. It is a deep sea fish

and looked horrible when it was fished out of the sea.

This time it seems to have been caught by researchers. The sea is still a

mysterious place.

引用元:NHK NEWS WEB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です