【Yellow feather】黄色い羽根

 今日から7月は始まります。

ニュースを見ていると、管官房長官が、黄色い羽根を付けていらっしゃいまし

た。赤や緑の羽根はみたことがありますが、黄色は知りませんでした。

なので、調べてみました。

 この黄色い羽根運動は、歴史が古く、1950年ごろから始まったと言われて

います。戦後の荒れた街に住んでいた子供たちの未来を危惧して”犯罪予防更生

法記念フェアー”を行ったのがきっかけだそうです。2010年に、”社会を明る

くする運動”へと名称を変更したのです。黄色い羽根を使用したのは、2011

年からで、「幸福(しあわせ)の黄色い羽根」と呼びます。

 現在の大変な状況を、少しでも明るくするために、率先して付けていらっしゃ

るんだと思います。

 ちなみに、赤い羽根は、地域福祉活動を支援し、青い羽根は、海で遭難した

人々の救助にあたるボランティアを支援し、緑の羽根は、森林関連を支援してい

るそうです。黄色は、夏の象徴である”ひまわり”を表します。

 羽根を持っていなくても、黄色い何かを身に着けてもいいかもしれません。

この黄色い羽根運動の期間は、今日から7月31日までです。

July starts from today.

When I saw the news, Suga Chief Cabinet Secretary attached a yellow

feather. I had seen the Red and the Green feather but did not know the

yellow one.

So I checked it.

This yellow feather campaign has been an old history, and it is said that it

began in around 1950.

It seems to be an opportunity that people felt uneasy about the future of

the children who lived in a town wasted by the war and performed “crime

prevention rehabilitation law’s memory fair”. It changed the name

“Campaign to light society” in 2010. It used a yellow feather in 2011, and we

call “a yellow feather of the happiness”

I think that he attached it proactively to light the current serious situation

even a little.

By the way, the Red feather supports a community-based welfare activity,

and the Blue feather supports a volunteer saving the people who went

missing in the sea, and the Green feather supports the related forest.

Yellow expresses “sunflower” as a summer symbol.

We may put on something yellow in our body even if we do not have it.

This campaign is from today to July 31.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です