【What do you spread on bread?】パンに何つける?

 あなたは、パンに何を塗りますか?

バターでしょうか?マーガリンでしょうか?それとも、ジャムですか?

バターとマーガリンの違いを説明してみたいと思います。

バター

生乳や牛乳に含まれる脂肪分を取り出して、固めたものです。動物性脂肪なので、食べ過ぎるとコレステロール値が上昇します。

マーガリン

なたね油などの植物油に人工的に、水素を加えて固めたものです。植物原料なので、血液をサラサラにし、コレステロールを減らします。

マーガリンは、1869年にナポレオン3世の時、当時不足していたバターの代わりに、フランス人が作ったのが初めてです。マーガリンの名前は、ギリシャ語の”margarine”に由来します。日本にも、1908年にやってきて、”人造バター”と呼ばれたそうです。

”トランス脂肪酸”の含有量が、よくないと言われ、バターより敬遠されていますが、どちらも、パンに塗ったり、料理に少し使う程度では、影響はないようです。

 ”stay home”で、相変わらず、どちらも品薄です。代わりに、”クリームチー

ズ”を買ってみました。こってりしていて太るような気がしますが、糖質は、ご

はんよりは少ないのです。これも食べ過ぎはだめですが…

 暑い日が続くので、アイスクリームなどの冷たいものの食べ過ぎ、飲みすぎも

注意しましょう。これは、自分に言い聞かせています。

What do you spread on bread?

Is a thing to spread on bread butter? margarine? or jam?

I want to explain the difference between butter and margarine.

Butter
We take out fat content included in fresh milk or milk and harden it up. As it is animal fat, a cholesterol level rises when you overeat it.

Margarine
It added artificially hydrogen to vegetable oil such as a rapeseed oil and hardened it. As it is raw materials made from a plant, you can make blood flow smoothly and reduce cholesterol.

The margarine made by french for the first time in substitution for the butter which was short at the age of Napoleon III in 1869. The name of the margarine comes from “margarine” of the Greek. Come over to Japan in 1908, and people called “man-made butter”.

It is said that “trans-fatty acid” content of it is not good, so we tend to avoid it more than butter, but if you spread it on bread or use it for dishes a little, it seems no influence.

In “stay home”, both are in short supply as ever.

I bought a “cream cheese” instead of it. You may think it is heavy, but you

can reduce your weight because there is less sugar than rice. If not you

overeat it…

As a hot day continues, let’s be careful not to the excessive drinking or

eating of cold things such as ice cream. I convince it to me.

I love ice cream.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です