【Walking】散歩

 2021年も半分が、終了しました。

 ここで、この半年で大きく変わったことを、紹介します。

 タイトルにある通り、「散歩」です。新型肺炎が起こる前は、

散歩と言ったら、町中をぶらぶらするのが主で、自然に触れ合う

ことは、あまりしていませんでした。しかし、このような状況の

中で、気分転換として思い起こしたのは、散歩でした。

 最初は、近くの公園に行っていましたが、楽しみにしているもの

や目的がないと続けられないとわかり、少し時間はかかるのですが、

海までの散歩道を見つけました。

 海へ到着するまでの、花を見たり、鳥の鳴き声を聞くことで癒されて、

仕事も勉強も頑張れている気がします。

 これからは、夏で暑くなるので、無理せず続けていこうと思います。

We are now halfway through 2021.

Here are some of the things that have changed significantly in the last six months.

It is, as the title says, a “walking.”

Before COVID-19, I used to go for walks around the city, but not so much in nature.

However, in this situation, as the ways to change my mood, I recalled a walk.

At first, I went to a nearby park, but I couldn’t keep going that if I didn’t have something

to look forward to or a purpose, so I found a walkway to the sea, although it takes a little longer.

Before arriving at the sea, I feel soothed by looking at the flowers and listening to the birds

singing, which helps me to work and study hard.

From now on, as it will be hot in summer, I will continue to take it easy.

ムクゲ・Hibiscus syriacuses
西洋朝顔・Western morning glories

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です