【Traditional of streets and houses4】伝統的な町並み4

 京都府京都市、清水寺の門前町として知られる、「産寧坂」(さんねいざか)

を紹介します。またの名を「三年坂」(さんねんざか)といい、この通りには、

京都の伝統工芸品や土産物が並びます。門前町とは、有力な寺院・神社の周辺に

形成された町のことをいいいます。この坂は、高台寺、円山公園、八坂神社へと

つながる道なので、観光客が多いところです。

清水寺の詳細 ⇒  https://kiyomizudera.or.jp/

 過去に、清水寺について書いていますので、詳しくは下記をご覧ください。

 伝統工芸品は、京焼、清水焼と言われる漆器です。これは、京都で作られる漆

器の総称です。1590年代末には、制作が始められていて、技法やデザインが多様

なことが特徴的です。

 お土産屋さんには、京都の名物のお漬物があります。千枚漬け、しば漬け、す

ぐき漬けがあります。お店で、お茶漬けセットを食べることもできます。

 このお茶漬けに絡んだ、日本では有名な話をします。

あるお宅に行って、”ぶぶ漬けでもどうどす?”と言われたら、2つの意味があり

ます。1つは、”早く帰ってくれ!”という意味です。もうひとつは、あなたが

男性で、そのおうちの娘さんとお付き合いをしていたら、この”ぶぶ漬け”を断っ

たら、”断る男性に娘は嫁がせない”となるそうです。

 京都人の奥深さを感じます。お店で、おかわりを勧められたら、喜んで召し上

がってください。

I introduce”Sannei-Zaka” known as Monzen-Cho of Kiyomizudera Temple

in Kyoto-city, Kyoto. Another name is “Sannen-Zaka(three-year slope in

Japanese)”, and traditional crafts and souvenirs of Kyoto are displayed

along this street. Monzen-Cho means a town formed around an influential

temple and a Shinto shrine. As this slope is a way leading to Kodai-Ji

Temple, Maruyama-Koen Park, Yasaka-Jinja Shrine, so it is the place where

there are many tourists.

About Kiyomizudera Temple ⇒  https://kiyomizudera.or.jp/

As I was writing about Kiyomizu-Dera Temple in the past, please see the

following in detail.

The traditional craft is lacquerwares called Kyoto ceramic ware and

Kiyomizu ware. This is a generic name of the lacquerware made in Kyoto.

This production was begun at the end of the 1590s, and it is characteristic

that technique and designs are various.

A souvenir shop has speciality pickles of Kyoto. There are Senmaizuke,

Shiba pickles, Suguki pickles and so on. You can eat an Ochazuke set in a

shop.

I have a talk that is famous in Japan about this Ochazuke.

When you go to a certain house and the owner of the house askes, “Do you

have a Bubuzuke(= Ochazuke)?” it has two meanings. One means “Get

out of here!”. If you are man and associate with a daughter of this house,

and if you refuse to eat a Bubuzuke which is same as Ochazuke, so the

other means that an owner does not arrow to get married with a daughter.

I feel the profundity of the person from Kyoto. If you are recommended a

refill in a shop, please have it with pleasure.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です