【Toro】トロ

  先日、中トロについて紹介しましたが、本日は、トロに

ついて紹介します。

 魚の状態で泳いでいる時は、マグロと言いますが、なぜ、トロ

と呼ばれるようになったのでしょうか?調べてみました。

 すしの事典によりますと、あるお寿司屋さんに行ったお客さんが、

トロを食べた際に、「口の中に入れると、とろっとする」と言った

ことから命名されたそうです。

 日本のお寿司は、新鮮で美味しいので、いらした際は、ぜひ召し上

がって頂きたいです。

 シェフがトロを握っているYouTubeを紹介します。

 The other day, I introduced Chutoro (medium fatty tuna), and today,

I will introduce Toro.

When the fish is swimming, it is called tuna, but how did it come to be

called toro? Here’s what I found out.

According to the Encyclopedia of Sushi, it was named after a customer who

went to a sushi restaurant and ate toro and said, “When I put it in my mouth, it

melts (Toro-keru in Japanese).”

Japanese sushi is very fresh and delicious, so if you come to Japan, you must try it.

I introduce that the chef is making Toro sushi on YouTube.

How to make Toro by Michelin Sushi Chef – YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です