【Tokyo’s guide book 2】東京のガイドブック2

今日は、地球の歩き方・東京の本から、「江戸時代以前の3大建造物」から、

3つのお寺を紹介します。

 徳川家康が江戸幕府を構えるまで、日本の都は京都だったので、江戸時代前には、

有名な建築物はないと思っていました。紹介されているのは、

浅草・浅草寺、寛永寺、大本山増上寺です。しかし、寛永寺は、1625年の建築なので、

江戸時代以前ではありません。江戸時代は、1603年からのスタートだからです。

【浅草寺】聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト (senso-ji.jp)

 628年に建てられた、東京最古の寺院です。何度も、地震や戦争で焼失したが、再建され、今でも観光地として、日本人だけでなく、外国人にも人気の場所である。

【増上寺】大本山 増上寺 (zojoji.or.jp)

 室町時代に創建されたお寺です。徳川将軍家のお墓があり、錦絵にも描かれた江戸の名所です。

【寛永寺】東叡山 寛永寺 公式ホームページ (kaneiji.jp)

 徳川家康が帰依していた僧、天海が開山したお寺です。徳川家の栄枯盛衰を一緒に歩んだお寺です。

 どのお寺にも、梅もしくは桜が植えてあります。お近くの方は、ぜひお散歩をおすすめします。

Today I introduce three temples from the book “Three Great Monuments of

the Pre-Edo Period” by guide-book on how to walk the earth, Tokyo.

Until Tokugawa Ieyasu set up the Edo shogunate, the capital of Japan was Kyoto,

so I thought there would be no famous architecture before the Edo period.

The places featured in the book are Asakusa, Senso-JI Temple, Kan-Eiji

Temple, and Daihonzan Zojo-Ji Temple.

However, Kan-Eiji Temple was built in 1625, so not before the Edo period.

This is because the Edo period started in 1603.

【Senso-Ji Temple】聖観音宗 あさくさかんのん 浅草寺 公式サイト (senso-ji.jp)

This temple was built in 628 and is the oldest temple in Tokyo. It has been burnt down several times by earthquakes and wars, but has been rebuilt and is still a popular tourist destination for Japanese and foreigners alike.

【Zojo-Ji Temple】大本山 増上寺 (zojoji.or.jp)

The temple was founded in the Muromachi period (1336-1573). It has the tombs of the Tokugawa Shoguns and is a famous place in Edo, depicted in Nishiki-e woodblock prints

【Kanei-Ji Temple】東叡山 寛永寺 公式ホームページ (kaneiji.jp)

The temple was founded by Tenkai, a monk to whom Tokugawa Ieyasu was devoted. It is a temple that has walked with the Tokugawa family through their rise and fall.

All temples have plum or cherry trees. If you are in the area, I recommend a walk.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です