【Three-line Grunt】イサキ

イサキという魚をご存じでしょうか?

東南アジアや日本でも、沖縄、奄美諸島、長崎県などで、取れる

釣りで人気の魚です。幼魚は体側の上半分に黄色の縦縞が3本ので、

英語名で、”Threeline Grunt”と呼ばれています。成長するにつれて、

この縦縞は薄れます。その魚の身は白く、マグロより柔らかくて、

脂肪が多い魚です。

 この魚をシェフは、”焼き霜”という下ごしらえをしています。

そして、多くの工程を経て、美味しい寿司として提供されるのです。

Have you ever heard of the fish called isaki (Three-line grunt in English)?

It is a popular fish for fishing in Southeast Asia and Japan, where it can be

caught in Okinawa, the Amami Islands, and Nagasaki Prefecture. The juvenile

fish has three longitudinal yellow stripes on the upper half of its body, hence

the English name “Three-line Grunt.”

As they grow, these three longitudinal yellow stripes fade. The flesh of the

fish is white, softer than tuna, and has more fat.

The chef prepares this fish with a “Yakishimo.” Then, after several processes,

it is served as delicious sushi.

How To Prepare The Threeline Grunt (Isaki) for Sushi by Michelin Sushi Chef – YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です