【The World Natural Heritage】世界自然遺産

 昨日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界自然遺産に、

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表(いりおもて)島」(鹿児島、

沖縄両県)が登録される見通しを発表しました。

 日本では、2011年に小笠原諸島が登録されて、10年ぶりに、5つ目

の世界自然遺産となります。その他は、知床、白神山地、屋久島です。

 試験のために覚えることが増えましたが、西表島のイリオモテヤマネコ、

奄美大島のアマミノクロウサギに加え、沖縄のヤンバルクイナも保護して

もらえるので、よいニュースとなりました。

 この地域は、自然の美しい場所なので、守りつつ、観光の発展を願います。

Yesterday, UNESCO (United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)

announced the prospect of registering “Amami Oshima, Tokunoshima, Northern Okinawa

and Iriomote Island” (Kagoshima and Okinawa Prefectures) as a World Natural Heritage Site.

This will be the fifth World Natural Heritage Site in Japan, the first in 10 years since the

Ogasawara Islands were registered in 2011. Other places are Shiretoko Island, Shirakami

Mountain, and Yakushima Island.

I had more things to remember for the exam, but it was good news because, in addition to

the Iriomote wildcat in Iriomote Island and Amami black rabbit in the Amami Oshima Island,

Yambarukuina (kind of bird) in Okinawa Island will also be protected.

This area is a place of natural beauty, and I hope that it is protected and tourism will grow.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です