【The Star Festival】七夕

 7月7日は、七夕です。

 七夕は、中国、韓国、台湾などでも行われますが、5色の短冊に願い事を書く

のは日本だけで、江戸時代から始まったようです。

 七夕は、「星祭」のことであり、7月7日に、恋人同士である牽牛(けんぎゅう)星【アルタイル】と織女(おりひめ・しょくじょ)星【ベガ】の年に一度の再会を祝うものである。それ以外の日は、二人は天の川で隔てられている。

引用元:植山源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300選」

 梅雨の時期なので、当日は、雨が多いです。統計で、雨の確率は、53%だ

そうです。この七夕に降る雨を”催涙雨(さいるいう)”というようです。

 今夜はたして会えるでしょうか?

私の家では笹の葉は飾ってないので、短冊はありませんが、”COVID-19が終息し

ますように”という願うことにします。

On the 7th of July, today is the Star Festival.

The Star Festival was practised in China, Korea, Taiwan, and so on but it

was only Japan that wrote a wish to five colours of slips of paper, and it

seems to begin in the Edo era.

Tanabata, or the Star festival, is held on July 7 to celebrate the once-a-year meeting of two lovers, Kengyu, the cowherd (Altair) and Shokuju, the weaver (Vega). The rest of the year the two lovers are separated by Milky Way.

Origin: Genichiro Ueyama “Japanese-style Phenomenon, 300 selections of English sentence explanation.

That day is probably on a rainy day as it is the time of the rainy season.

The probability of rain seems to be 53% by statistics.

The rain which rains on this Star Festival seems to be called “tear gas

rain”.

Can they really meet tonight?

As I do not display the bamboo leaf at my house, there is not the slip of

paper, but I will decide to pray with “COVID-19 ends”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です