【The Princess Kazunomiya】和宮さま

 現在、江戸東京博物館で和宮さまの展示会が開かれています。

 歴史を勉強したり、幕末のことに詳しい方は、和宮さまをご存じと思います

が、調べてみました。

 和宮親子内親王は、仁考天皇の8番目の皇女で、江戸幕府第14代将軍、徳川

家茂の正室として、降嫁された方です。天皇家の方々は、同じ天皇家の方と結婚

されるのが常であったのですが、政治の思惑に翻弄されて、皇族と武家の結婚と

なったのです。武家の中でも裕福であったとはいえ、皇族の方々とは生活が違っ

たので、大変苦労をされたようです。少し良かったのは、家茂さまも和宮さまも

状況を理解され、仲が良かったと言われていることです。

 そんな宮さまの身の回りの品々が、2月23日まで見せて頂けるようです。

 詳細は、下記をごご覧ください。

An exhibition on the princess Kazunomiya is currently being held at the

Edo-Tokyo Museum.

Those of you who study history or are familiar with the end of the

Tokugawa Shogunate will know the Princess Kazunomiya, but I looked up

her.

Princess Kazunomiya Chikako, who was the eighth daughter of Emperor

Ninko, and was married off to Tokugawa Iemochi, the 14th Shogun of the

Edo Shogunate.

It was usual for members of the Imperial family to marry members the

same family, but political considerations led to the marriage between the

Imperial family and the Samurai. Although he was one of the wealthiest of

the warrior families, it was a different lifestyle from the members of the

Imperial Family, so she had to work very hard.

What was a little better was that both Iemochi and Kazunomiya

understood the situation and were said to be on good terms.

Her things will be open for viewing until 23 February at the Edo-Tokyo

Museum. For more information, please see below.

企画展「和宮 江戸へ ―ふれた品物 みた世界—」 – 江戸東京博物館 (edo-tokyo-museum.or.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です