【The Nikko Toshogu Shrine】日光東照宮

 関東の観光名所の1つでもある、栃木県日光市にある「日光東照宮」。

江戸時代の初代将軍、徳川家康が祀られています。

将軍とは、普通「総司令官」と訳されます。

主な社殿群は、孫にあたる、家光が崇拝する祖父のために建てました。

また、家康は、小さいころから人質となり、我慢の人生だったと言われて

います。日本語で”我慢(がまん)”は、忍耐と訳されます。

“我慢”が美徳と考えるのは、日本人の特色の1つであるかもしれません。

詳しくは、こちらからご覧ください。

https://www.toshogu.jp/yuisho/index.html

The Nikko Toshogu Shrine is one of the most popular places in the Kanto area.

The first Shogun “Ieyasu Tokugawa” of the Edo era is worshipped here.

Shogun is usually translated as generalissimo.

A grandchild of Ieyasu called Iemitsu completed those buildings

because he admired his grandfather.

Ieyasu was a hostage when he was little, so is said to be a person of

patience.

“Gaman” in Japanese is translated as patience.

It may be one of the characteristics of Japanese people

that patience is egarded as virtue.

Please click here for more details.

https://www.toshogu.jp/yuisho/index.html

日光の紅葉 Colored leaves of the Nikko
家康の墓 Grave of Ieyasu
陽明門 Yomei-mon(gate)
石鳥居 stone gateway

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です