【The mystery of the three most famous hotsprings】三名泉の謎

 先日、「下呂温泉」を紹介しました。その時、コメントに質問を頂きました。

”三名泉って、なんで選ばれたのか?” 

答えがわからなかったので、調べてみました。

 まず、三名泉とは、”有馬温泉”、”草津温泉”、”下呂温泉”のことを言います。

 最初に論じた人は、室町時代の禅僧、歌人の万里集久(ばんりしゅうく)とい

う人です。応仁の乱の前後に、この争いが嫌だったので、”近江、美濃、尾張を

歴遊した”と言われています。(歴遊(れきゆう)とは、方々をめぐり歩くこと

です。)ここからは想像ですが、その際に実際に行ってよかった温泉を3つあげ

たのではないかと思います。この旅を書物にしたのが、朱子学派儒教者の林羅山

です。ここから、後世に伝わったと言われています。

 勉強になりました。コメントくださった方、ありがとうございます。

 日本は、”三つのxx”というのが多いと思います。あなたの”三つのxx”を見

つけてみてください。今週も頑張りましょう!

「下呂温泉」のブログもよろしければ、どうぞお読みください。

I introduced “Gero Onsen” the other day.

After that, I received a question in the comment space.

What would “three famous springs” be chosen as a standard?

As I did not know an answer, I checked it.

At first, three famous springs mean “Arima Onsen”, “Kusatsu Onsen”, and

“Gero Onsen”.

Banri Suku discussed it first. He is a Zen priest and the poet of the

Muromachi era.

As he hated to fight, and in before and after the Revolt of the Onin, it is

said that he walks visiting various places, such as Oomi, Mino, and Owari.

This is imagination but I think that he chose three hot springs where he

actually goes and thinks good.

And, Hayashi Razan wrote this trip in a book, who is the Zhu Zi-school

Confucianism. It is said that it passes the three hot springs to future

generations.

I was able to learn. Thank you for your comment.

I think that there is a lot of “three something xx” in Japan. Please find your

“three something xx”. Let’s do our best this week!

Please read my blog “Gero-Onsen”, if you have time.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です