【The Kyogen 2】狂言2

 ”里見八犬伝”という、創作狂言を千葉県文化会館で 

見てきました。

 このお話は、江戸時代後期の曲亭馬琴によって

書かれた、小説”南総里見八犬伝”を題材にしたものです。

”南総”とは、現在の千葉県南房総の安房という所です。

 お互いを知らなかった八犬士が、同じアザと玉を

持った仲間と出会い、きずなを深めていきます。

 昔の言葉と独特な話し方で、理解が難しいですが、

近くに座っていた、中国・台湾の人も大笑いしてました。

 日本に来たら、こういう古典芸能に触れてみては

いかがでしょうか?

 でも、私は、2回目しか見たことがありません。

館内は撮影禁止でしたので、付近を散策したときの

動画です。雨が降っていましたが、景色がよかったです。

I saw a new-created Kyogen comedy called “Satomi-Hakkenden”

in the Chiba Cultural Center.

This story is about “Nanso-Satomi-Hakkenden” written

by Bakin Kyokutei, who was in the end of the Edo era.

Nanso is an old name of “Awa”, which we carrently call

Minami-Bouso area of Chiba prefecture.

This story is:Eight samurais who all have “dog” in their name

did not know each other of first, but with the same bruise and ball

by nature, they get together and deepen a bond.

It was difficult for even a Japanese to understand the old words and

unique way of speaking, but Chinese and Taiwanese audience

laughed a lot, too.

If you come to Japan, would you like to see such

a traditional entertainment?

Uh, I saw it only twice.

As the photo is prohibited in the hall, I couldn’t take a picture.

I took this video while I was strolling in the neighbourhood.

It was a rainy day but so beautiful.

At the Chiba cultural center

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です