【The Japanese apricot 2】梅2

 日本でも南の方では、梅の花は終盤になったようですが、関東ではまだまだこ

れからです。少し調べてみました。

 別名、春告草といわれ、春の訪れを知らせてくれる花です。万葉集にも100

首以上、梅にまつわる和歌が詠まれているそうです。これに対し、桜は40首と

いうので、いかにこの時代に愛されていたかがわかります。

 梅は、奈良時代に中国から薬として伝わりました。

 ことわざにも、面白いものを見つけました。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」で

す。桜は切ると枯れてしまいますが、梅は切ると良い花や実がつくことから、そ

れぞれ個性があるという意味だそうです。

 ピンクの梅の花言葉は、清らかさです。

 早く、美しい花をゆっくり見ることができるようになればいいと思います。

上の絵は、散歩したときに見た梅です。

The Japanese apricots seem to have come to an end in the south of Japan,

but there is still much to come in the Kanto region. I did a little research

on it.

It is also known as the spring herb called “Haru-tsuge-kusa” in Japanese

and is the flower that heralds the arrival of spring.

There are more than 100 waka poems about the Japanese apricot in the

Manyoshu. On the other hand, there are 40 waka poems about the cherry

blossom, so it shows how much the Japanese apricots were loved in this

period.

Ume plum was introduced from China as a medicine in the Nara period

(710-794).

I also found an interesting proverb. It’s “A fool cuts cherry blossoms, and a

fool doesn’t cut plums.” The meaning is that cherry blossoms die when cut,

but plums produce beautiful flowers and fruit when cut, so each has its

personality.

The flower language of the pink plum blossom is purity.

I hope that we will be able to take our time to see beautiful flowers as

soon as possible. The picture above is Japanese apricots when I went for a

walk.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です