【Summer in Japan 4】日本の夏4

 先日は、日本の夏の食べ物として、かき氷を紹介しました。

 しかし、冷たい食べ物ばかり食べると、内臓が冷えて、不調と

なります。そこで、自然に身体を冷やす食べ物をご案内します。

 まずは、トマト、キュウリ、スイカです。トマトやキュウリは、

サラダにして食べます。キュウリは、京都では、串にさして、1本

漬けというお漬物で売られています。

 また、スイカですが、甘くておいしいので、夏はよく食べられて

います。少し前に、ニュースで、中国の方も、夏は身体を冷やすため、

スイカを食べているというのを聞きました。しかし、日本のスイカは

高いので、食べられないと言われていました。中国では、100円以下

で食べられるとか・・・羨ましいです。

 調理したものでは、カレーもよく食べられます。香辛料が効いて、

疲労回復によいようです。日本より暑いと言われる、インドでよく食べ

られていることからも、理解できます。北海道のスープカレーなど、日本

独特のカレーもありますので、いらしたときは、ぜひお試しください。

 日本特有ですと、梅干しでしょうか?酸味がある、クエン酸が含ま

れているので、疲労回復に役立ちます。様々な料理の調味料として、

またはそのままでも食べられます。 

 美味しい食べ物で、日本の夏の思い出をつくって頂ければ、嬉しいです。

The other day I introduced shaved ice as a summer food in Japan.

However, if you eat only cold food, your internal organs will become cold

and unwell. So I’ll guide you to foods that naturally cool the body.

The first are tomatoes, cucumbers, and watermelons. Tomatoes and cucumbers

are mainly eaten in salads. In Kyoto, cucumbers are sold on skewers in the form

of a pickle called Ippon-zuke.

Also, watermelons are often eaten in summer because it is sweet and tasty. Some

time ago, I heard on the news that Chinese people also eat watermelon in summer

to cool themselves down. However, they were told that they could not eat Japanese

watermelon because it was too expensive. In China, you can eat it for less than 100

yen… I envy you.

Curry is also a popular cooked dish. It is spicy and seems to be good for relieving

fatigue. The fact that it is often eaten in India, where it is said to be hotter than in

Japan, is understandable.

We also have some unique Japanese curries, such as Hokkaido soup curry, which

you are welcome to try when you visit.

Especially in Japan, is umeboshi (pickled plums) a summer food?

It has a sour taste and contains citric acid, which helps to relieve fatigue. It can be

used as a seasoning for a variety of dishes or eaten on its own. 

I hope that you will enjoy the delicious food and make memories of your summer in Japan.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です