【Sumida Hokusai-Museum】すみだ北斎美術館

 先日、日本のパスポートの中味が新しくなったことをブログに書きました。

その中で、葛飾北斎が、93回も引越をしたことを紹介しました。東京都内の引

越だとは思いましたが、まさか墨田区を中心に移動しているとは思ってもみませ

んでした。東京都墨田区にある、すみだ北斎美術館の案内に、北斎が引越した場

所を、地図で確認することが出来ます。彼は、88歳で亡くなっているのです

が、特に、86歳の時の引越は尋常でないほどの数です。この年齢で、こんなに

動けるのはすごいと思います。

すみだ北斎美術館ホームページで、「すみだと北斎」⇒「北斎が住んだ主な場

所」から確認できます。

 また、パスポートの記事も載せていますので、時間があれば、ご覧ください。

今週もお疲れ様でございました。

I wrote in my blog before that the Japanese passport became renewal.

In that, I introduced that Katsushika Hokusai moved 93 times in his life.

I thought that he moved within Tokyo, but I didn’t think that he moved

around Sumida-Ku. You can check the place where Hokusai moved on a

map in a guide of the Sumida Hokusai Museum at Sumida-Ku, Tokyo.

Although He passed away at 88 years old, it was not ordinary a number of

the moving when he was 86 years old. I think that he is great to move at

that age.

You can check on their homepage. “Sumida and Hokusai” ⇒ ” The main

place where Hokusai lived”

Also, please see the article of the passport in my blog if you have time.

Thank you for your hard work.

すみだ北斎美術館 ⇒ https://hokusai-museum.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です