【Staying at Temple】寺泊

 泊まれるお寺は、いくつかあると思いますが、滋賀県「三井寺」を紹介しま

す。正式名称は、園城寺ですが、幾多の苦難を乗り越えてきたことから、”不死

鳥の寺”とも呼ばれています。琵琶湖の南西に位置しています。

 京都の南禅寺そばの「蹴上」から、電車で30分くらいで、最寄り駅の「三井

寺」に到着します。

 このお寺の歴史があり、1,300年以上前に建てられています。その境内にあっ

た僧房・妙厳院に、1棟貸し切りで6名まで宿泊できます。

 朝のお勤め、写経、座禅、山伏体験などができるそうです。早起きは、大変か

もしれませんが、行ってみたいお寺です。目玉は、宿泊者しか見られない「不動

明王像」が見られるところです。予約は、「テラハク」でできます。

Although there are several temples to be able to stay, I introduce “Mii-dera

Temple”, Shiga.

The official name is “Onjyoji Temple”, and also it is called “phoenix

temple” because it withstood many hardships. It is located to the southwest

of Lake Biwa.

It takes about 30 minutes by train from “Keage” of the Nansenji Temple

side of Kyoto to “Miidera” of the nearest station.

This temple has been a history, and it was built more than 1, 300 years ago.

You can stay at priests’ living quarters “Myogon-in” which is staying six

people together by one reservation. You can experience, such as Morning

work, copying of a sutra, Zen meditation, Yamabushi experience which is a

Japanese mountain ascetic and so on.

It may be hard to get up early, but I want to go to this temple.

The eye-catcher is the Acala; the Immovable Wisdom King which is seen

only a hotel guest. You can reserve in “terahaku” on Web site.

三井寺ホームページ/Miidera Temple Homepage
予約は「テラハク」/”Terahaku” ‘s reservation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です