【Stained glass of Church】教会のステンドグラス

 ステンドグラスには、心を浄化する力があると思いませんか?

特に、教会にあるステンドグラスは、美しいと思います。海外旅行に行くとき

は、いつもどこかでステンドグラスを見ていた記憶があります。日本にもあっ

た!と思い出し、実際に見たことがある教会のステンドグラスを紹介します。

大浦天主堂(長崎県)

 大浦天主堂は、約155年前にパリの宣教師らによって建てられた教会です。1933年に国宝に認定され、原爆で修復したため、1953年に再認定されています。

 迫害を受けながら、大変な思いをした当時の人々を想像し、静かに

ステンドグラスを眺めます。人物、果物、景色…どれをとっても美しいと思い

ます。

昨日、当ブログで紹介した、国立科学博物館(東京都)の日本館の中にもあるそ

うです。自粛要請が解除されたら、見てみたいです。

Do you not think that the stained glass has the power to purify our heart?

Particularly, I think that the stained glass in the church is beautiful.

I remember that I looked at the stained glass somewhere whenever I go to

overseas travel. I remember “it was in Japan!”, so I introduce the stained

glass of the church which I have looked at.

Oura Catholic Church (Nagasaki prefecture)

Oura Catholic Church is built by propagators of Paris about 155 years ago. It was authorized in 1933 as a national treasure but restored after an atom bomb, so it was re-authorized in 1953.

I imagine the people who felt a terrible time while receiving persecution,

and I look at stained glass calmly. I think that everything is beautiful, for

example, people, fruit, scenery …etc.

There also seems to be some stained glass in the Japanese hall of the

National Museum of Nature and Science (Tokyo), I introduced yesterday.

If the request of self-restraint in going out is lifted, I want to see it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です