【Sightseeing Train】観光列車

 JR九州は、7月の豪雨被害にあった肥薩線沿線を応援するため、観光列車

の”かわせみ・やませみ”と”いさぶろう・しんぺい”を連結させ、博多-門司港間を

走らせることにしました。

 ”かわせみ・やませみ”は、野鳥の名前です。”いさぶろう・しんぺい”は、人の

名前ですが、”いさぶろう”は、当時の大臣・山縣伊三郎さんから、”しんぺ

い”は、鉄道院総裁の後藤新平さんから取ったようです。

 運行は、8月8日から31日までの毎日と、9月から11月は、土日祝日で

す。1日1往復ですが、約1時間40分の旅ができます。

 座席が豪華で、駅弁が美味しいと言われていますので、近かったら、ぜひ乗っ

てみたい観光列車です。

To support the areas along the Hisatsu Line that were affected by the

torrential rains in July, JR Kyushu has decided to connect two sightseeing

trains, “Kawaseumi and Yamasemi” and “Isaburo and Shinpei”, to run

between Hakata and Mojiko.

“Kawasemi (Kingfisher in English) and Yamasemi (Mountain Halcyon in

English)” is the name of a wild bird.

“Isaburo and Shinpei” is a person’s name, so “Isaburo” was named after

Isaburo Yamagata, who was the minister of the time, and “Shinpei” was

named after Shinpei Goto, who was the president of the Railway Academy.

It operates daily from August 8 to 31, and on weekends and holidays from

September to November. It’s one round trip per day, but you can travel for

about 1 hour and 40 minutes.

The seats are luxurious and the station lunches are said to be delicious, so

if I am in the neighbourhood, I’d love to take the sightseeing train.

特急「かわせみやませみ」と「いさぶろう・しんぺい」
”かわせみ・やませみ”(左)と”いさぶろう・しんぺい”(右)
引用元:ニッポン放送News Online
“Kawasemi and Yamasemi”(left) , “Isaburo and Shinpei”(right)
Origin: Nippon broadcast News Online

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です