【Sightseeing Flight】遊覧飛行

 先日、全日空が遊覧飛行をしました。

以前、台湾のエバー航空で、出発地から再び同じ場所にもどる、”どこへも行か

ない空の旅”を紹介しました。同じような企画が、22日に行われていたとい

う、ニュースを見ました。

 成田空港発の1時間30分の遊覧飛行で、ハワイ気分を味わってもらおうと、

通常ホノルル行きの”ウミガメ機”を使用したそうです。これは、エアバスA380型

機で、路線も限定されているので、なかなか乗ることが出来ません。

 乗った人も、幸せそうですが、飛行機も幸せそうです。なぜなら、COVID-19

の影響で運航できなくなると、タイヤにも影響がでるからです。

 私も乗ってみたかったです。

The other day, All Nippon Airways made a sightseeing flight.

I have previously introduced the “Air travel to nowhere?” on EVA Air in

Taiwan, where you return to the same place from your starting point. I saw

the news that a similar project was taking place on the 22nd.

They used a “sea turtle plane” normally used for the Honolulu-bound

flights to give people a taste of Hawaii on the 1-hour and 30-minute

sightseeing flight from Narita Air port, Japan. This is an Airbus A380 and is

rarely boarded because of route restrictions. The people on board seem to

be happy, but so are the planes. Because

when COVID-19 makes it impossible to operate, it affects the tires as well.

I would have loved to have ridden it.

約1時間半の遊覧飛行に出発する世界最大の旅客機A380
引用元:千葉日報社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です