【Shimanami Kaido2】しまなみ海道2

 昨日に引き続き、しまなみ海道のおすすめを紹介します。

 それは、「村上水軍博物館」です。水軍と言っていますが、いわゆる海賊で

す。日本にも、海賊がいたなんて、通訳の勉強をするまで知りませんでした。

 しまなみ海道沿いの大島にあるこの博物館では、戦国時代の「村上海賊」をし

ることが出来ます。尾道・今治をつなぐ芸予諸島を本拠地として活動しました。

この海賊は、金品を強奪する、パイレーツとは違い、掟に従って航海の安全を保

障、海の交易・流通の秩序を支える海上活動をしていたと言われています。

 日本遺産として、2016年に認定されていますので、一度行ってみたい場所のひ

とつです。詳しくは、下記をご覧ください。

Continuing from yesterday, I introduce my recommendations for the

Shimanami Kaido.

It is the Murakami Naval Museum. It’s called the navy, but it’s what we call

pirates. I didn’t know that there were pirates in Japan until I studied as an

interpreter.

This museum is located on Oshima Island along the Shimanami Kaido,

and is a place where visitors can learn about “Murakami Pirates” in the

Warring States period. It was based on the Geiyo Islands, which connect

Onomichi and Imabari.

Although it is said that these pirates, unlike the normal pirates who

robbed money and goods, followed a code of conduct and engaged in

maritime activities that guaranteed the safety of navigation and supported

the order of trade and distribution at sea.

It was recognized as a Japanese Heritage Site in 2016 and is one of the best

places to visit. For more information, please see below.

https://www.city.imabari.ehime.jp/museum/suigun/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です