【Shamisen】三味線

 三味線についてお話します。

“”三味線は、バンジョーに似た3弦の楽器である。三味線は、沖縄

からもたらされたもので、伝統的な唄だけでなく、文楽、歌舞伎の

伴奏としても演奏されている。””

出典元:植山 源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300」

14世紀後半に、中国の”三絃(さんげん)”から、沖縄の”三線(さんしん)”

そして、現在の”三味線”となったのです。蛇の皮を使って作られています。

それは、奥深い音を奏でます。

明日は、文楽の”人形遣い”のお話をします。

I talk about Shamisen today.

Shamisen is a three-stringed musical instrument similar to a banjo.

It was introduced from Okinawa and is played as accompaniment

to bunraku and kabuki as well as traditional songs.

Origin of source: Genichiro Ueyama”Japanese style phenomenon,
300 selections of English sentence explanation.

In the late 14th century, Chinese “Sangen” was transmitted to Okinawa

as ” Sanshin”, and later it became “Shamisen”of the present.

It is made from the snakeskin.

It makes a profound sound.

I will talk about “puppeteer” tomorrow.

Music is fantastic!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です