【Setsubun &Risshun 2022】節分と立春 2022

 2月3日は節分でした。翌日を、立春といいます。

 節分という字は、季節を分けると書きます。そして、

寒さは続きますが、暦上、春が来るという意味になります。

 節分は、豆まきをします。掛け声は、”鬼は外、福は内”です。

また、年の数だけ豆を食べて、無病息災を願います。

 日本でも、オミクロンが拡大していますが、早く終息して、

安心して暮らせるように祈るばかりです。

The 3rd of February was Setsubun. The next day is called Risshun.

The word “Setsubun” means “to divide the seasons”.

And although it will continue to be cold, it means that spring is coming

on the calendar.

We throw beans on Setsubun. We shout “Oni wa soto, Fuku wa uchi”,

which means ”Go out with the devil! Happiness enter the house!”

You can also eat as many beans as your age and wish for good health.

Omicron is spreading in Japan, too, and we can only hope that it will end

soon so that we can live in peace.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です