【Setsubun】節分

 2月3日は、節分です。

節分とは、「季節を分ける」と漢字で書いて、日本では

”立春”という春の始まりの日の前日のことを言います。

「鬼は外、福は内」と言って、豆をまきます。

そのあと、年齢の数の豆を食べます。これが、

魔除けとなります。

関西地方を中心に、恵方巻という巻寿司も食べます。

吉方向に向かって、無言で食べます。

Miyabi-pandaは、何粒食べるのでしょう?

Today is Setsubun.

Setsubun is written in Kanji as “seasons are separated”,

and is the day before the begining of spring called

“Risshun” in Japan.

We throw beans and shout “Oni wa soto, Fuku wa uchi“,

which means bad things is outside, good fortune is inside.

Finally, we eat just as many beans as our age.

This comes to avoid devils.

Some people eat a sushi called “Ehou-maki” in the

eastern areas of Japan.

They eat it toward a good-luck direction without

speaking until they have eaten it completely.

How many beans does Miyabi-panda eat?

How many beans does Miyabi-panda eat?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です