【Sea otter】ラッコ

 北海道東部の浜中町の霧多布岬に、野生のラッコがいるというニュースをみま

した。動物園でもなかなか見ることが出来なかったので、貴重なことです。

 現在、6匹いるそうですが、年間を通してみることが出来るので、観光業界が

喜んでいるそうです。

 ラッコは、イタチ科の哺乳類で、日本で捕獲されていたので、絶滅したと思わ

れていました。それが、6匹も現れてくれたのです。肉眼でも見れますが、望遠

鏡があった方が良いようです。漁業をしている人は、魚介類を食べられることを

心配しているようですが、共存できるといいと思います。

I saw the news about wild sea otters at Cape Kiritappu in Hamanaka town

in eastern Hokkaido. It’s a rare that we see it even in a zoo.

There are currently six of them, and the tourism industry is happy

because they can see them all year round.

Sea otters, which is a mammal of the weasel family, and were thought to

be extinct because they were captured in Japan. However, as many as

six ones showed up. You can see it with the naked eyes, but it seems to be

better to have a telescope. The fishermen are worried that seafood is eaten,

but I hope they can coexist.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です