【Ryogoku2】両国2

 JR総武線・両国駅を出て、徒歩3分の「江戸東京博物館」を紹介します。

名前のとおり、江戸時代とその後の東京の文化や生活をみることができます。

 まず、ミニチュアで江戸の町並みを見ることができ、大型模型もあるので、実

物大の町並みも見ることも出来ます。その他、浮世絵、刀、着物の展示もあり、

豊かだった江戸時代を感じることが出来ます。そのあとは、明治・大正時代の

東京も体験できます。関東大震災、当時の車なども展示してあります。5・6階

は常設展なので、いつでもご覧いただけます。詳しくは、下記のホームページと

360度パノラマをご覧ください。実際に行ったように体験できます。ここでは、1

時間くらいの予定でしたが、パノラマを見ているだけで、あっという間に1時間

が過ぎました。カフェやレストランもありますので、ゆっくり楽しむこともでき

ます。入場料は、600円です。

I introduce the” Edo-Tokyo Museum “is a 3-minute walk from Ryogoku

Station on the JR Sobu Line.

As the name suggests, you can see the culture and life in Tokyo during and

after the Edo period. First of all, you can see the cityscape of Edo in

miniature, and since there are large models, so you can also see the

cityscape in full size. There are also displays of ukiyoe, swords, and

kimonos, so you can feel the richness of the Edo period. Afterward, you

can experience Tokyo in the Meiji and Taisho periods. The Great Kanto

Earthquake and cars from that time are also on display. The 5th and 6th

floors are permanent exhibitions, so you can see them at any time. For

more information, please visit the website and the 360-degree panorama

below. You can experience it as if you were there in person. I was supposed

to be here for about an hour, but the hour went by in a blink of an eye, just

looking at the panorama. There is also a cafe and restaurant where you can

relax and enjoy yourself. The admission fee is 600 yen.

江戸東京博物館ホームページ/ The Edo-Tokyo Museum ⇒ https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

パノラマ/the panorama ⇒ 

https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/panorama/jp/

 浮世絵の好きな方は、江戸東京博物館から6分ほどの、「すみだ北斎美術館」

をお楽しみください。過去のブログも参考にしてください。

Ukiyo-e aficionados will enjoy the Sumida Hokusai Art Museum, about six

minutes from the Edo-Tokyo Museum. You can also check out our past

blogs.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です