【Rose 2021】薔薇2021

 全国各地で、バラの咲く時期となりました。ここ数日、雨が降り続いて

いるので、なかなか見に行く機会に恵まれません。

 今回は、茨城県にある、国営ひたち海浜公園のバラを紹介します。

 少し前に、ネモフィラの紹介をしましたが、その見頃も終わり、バラへ

バトンタッチです。

 茨城県の「茨」という漢字は、バラという意味があり、常陸国風土記に

記述が残っているそうです。この風土記は、その土地のことを詳しく記述

してある奈良時代の書物で、現存する5つのうちの1つです。

 土日を中心に、イベントが開催されていますので、下記ホームページを

ご覧になって、お近くの方は、お越しください。

It’s the time of year when roses are in bloom all over the country.

It’s been raining for the last few days, so I haven’t had the chance to go and see it.

At this time, I introduce the roses of the National Hitachi Seaside Park in Ibaraki

Prefecture. A little while ago, I introduced the Nemophila, but now it’s time to move

on to the roses.

The Chinese character for “thorny” in Ibaraki means “rose,” which has been cultivated

since ancient times, so there is a description of it in the Hitachi-no-Kuni-Fudoki.

This Fudoki is one of the five surviving Nara period books that describe the land in detail.

The event is held mainly on Saturdays and Sundays, so please visit the website below to

find out more and to find out what’s on offer.

常陸ローズガーデン – 国営ひたち海浜公園 (hitachikaihin.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です