【Remains of Jomon site 2】縄文遺跡群 2

 先日、北海道・北東北の縄文遺跡群が世界遺産登録になる

予定をブログで紹介しました。

 図書館を覗いてみると、さっそく専用のコーナーが設けられて

おり、パンフレットが用意されていたので、もらってきました。

 全部で19ヶ所もあり、北海道千歳市から、南に下って、岩手県、

秋田県も含まれています。

 その中から、岩手県一戸町にある、「御所野遺跡」を紹介します。

 ここには、紀元前2,500~2,000年の頃の竪穴式住居が

密集する大規模集落の跡があります。縄文時代の集落構造を考える

重要なものです。

 駐車場から遺跡まで、「きききのつりはし」という120メートルの

吊り橋を通っていきます。縄文時代へのタイムスリップのようです。

 ここでは、土器やアクセサリーを作る体験もできます。詳細は、

下記をご覧ください。過去に紹介したブログもご覧ください。

I recently blogged about the plans for the Jomon sites in Hokkaido and

the northeast of Japan to be inscribed on the World Heritage List.

When I looked in the library, I found that there was a special section dedicated

to it, with pamphlets available, so I took one.

There are 19 sites in total, from Chitose City in Hokkaido, down to Iwate and Akita

Prefectures in the south. Among them, I introduce the “Goshono Site” in Ichinohe Town,

Iwate Prefecture. Here are the remains of a large settlement of pit dwellings dating

from 2,500 to 2,000 BC. It is important to consider the structure of settlements in the

Jomon period.

From the car park to the ruins, you will pass through a 120-metre suspension bridge

called “Kikiki no Tsurihashi.” It’s like going back in time to the Jomon period.

Here you can also try your hand at making earthenware and accessories.

For more information, please see below. See also my previous blogs on the subject.

ホーム/御所野縄文公園 (goshono-iseki.com)

【remains of Jomon site】縄文遺跡群 | Travel with Miyabi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です