【Refugee Film Festival】難民映画祭

 数日前に、難民映画祭に参加しました。

日本は、平和ボケしているから、世界の問題を考えること

を忘れがちです。

その中でも、”想像力を豊かに色々なことに向き合うことが

大切だ”と言われて納得しました。

私にできることを考えていました。

それは、全国通訳案内士として、日本を旅する方の

手助けをする。

 旅のブログで、内容がそれてしまいましたが、色々な場所を

皆さんに紹介しながら、この世界に何が起こっているのか、

考えつつ、今日出来ることをやっていきたい・・・

そう考えていると、雨が降ってきました!

I took part in the Refugees Film Festival a few days ago.

I think that since Japan is rather a comfortable country,

we hardly ever consider World problems.

I really empathized with what a presenter said:

The most important thing is to exercise our imagination

and to face ourselves in various thing.

Then, I thought what I can do.

My goal is to help people travel in Japan as a tour guide.

I talked about a different story today, but while introducing

many places to you, I would like to consider what is happening

in this world and do what I can do today.

As I thought so, it began to rain.

Miyabi-panda gazed at the rain.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です