【Puppeteer】人形使い

 今日は、文楽で使用する人形使いについてお話します。

人形は、1体を3人で動かします。

人形の手足を動かす人を、”黒衣(くろご)”といい、黒い

布をかぶっています。

物語に集中していると、人形だけしか見えないので、

不思議です。

I talk about “puppeteer” in bunraku today.

A doll is handled by three people.

These people moving hands and feet of the doll

is called “Kurogo”, wrapped in a black cloth.

When you concentrate on a story,

you do not see other things than dolls.

It’s mysterious.

We love a snack. Miyabi-panda recommend
” Winter potato snack “.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です