【Perform Kappore music and dance】かっぽれ奉納

 先日、知人が浅草・浅草寺のそばにある、東京で最古

の神社・浅草神社で行われた”かっぽれ奉納”の様子を

ビデオで送ってくださいました。

”かっぽれ”とは、漢字で”活惚れ”と書き、俗謡、俗曲に

合わせて踊る、こっけいな踊りとされます。

 江戸時代、住吉大社の住吉踊りから変じたものという

説があります。この音楽は、時代劇を見られたことがある方は、

聞き覚えがあるかもしれません。

映像の中に、”がんばろう日本!”という看板が見えます。

このビデオによって、COVID19が、暗い影を落とした日本に、

わずかな光を! ”かっぽれ、かっぽれ”

On the other day, a friend of mine sent a video of

the comical Japanese dance called “Kappore”

that was performed in Asakusa-jinja Shrine,

which was the oldest Shinto shrine in Tokyo

near Senso-Ji Temple.

“Kappore” is written as “活惚れ” in a kanji

and kana, and it’s a funny dance with a folk song or

a popular melody song to samisen accompaniment.

This dance is told that it was the one changed

from Sumiyoshi dance of Sumiyoshi Taisha Shrine of the Edo era.

Those who have see a historical drama may be familiar this music.

You can see a signboard written as ” Go for it! Japan” in this video.

May a ray of light be on Japan where COVID19 cast

a gloomy shadow by this video.

Kappore, Kappore!”

https://www.dropbox.com/s/lww2siw2sjcqoq8/kappore.mov?dl=0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です