【Panda no Mori】パンダのもり

 東京都・上野動物園に、昨日、新たに”パンダのもり”が完成した、というニュ

ースを見ました。

”パンダのもり”の”もり”は、ひらがなだったので、”森”か”杜”かわからないの

で、タイトルは、ひらがなのまま英語にしています。

 ここには、今年3歳になったシャンシャンのお父さんと、お母さんが生活しま

す。彼女は、今後、中国に返されるので、現在いるパンダ舎にいるそうです。

 ”パンダのもり”は、中国・四川省の自然もモデルに作られたそうです。ここで

2匹が、リラックスして過ごしていけるなら、いいと思います。

 今日で、このブログも300投稿目となりました。今まで読んでくださった

方々、コメントをくださった方に、感謝いたします。私たちは、これからも、読

みやすく、日本のことを紹介できるブログを目指します。私たちとは、私と

Miyabi-pandaです。引き続き、よろしくお願いいたします。

I saw the news that a new “Panda Forest” was completed yesterday at the

Ueno Zoo in Tokyo.

The “Mori” in “Panda no Mori” was written in hiragana, so I don’t know

whether it’s “森(forest in English)” or “杜(forest in English) “, so I kept the

title in English in hiragana.

This is where Xiang-Xiang’s father and mother, who became to three years

old this year, live. She will be returned to China after that and is still in the

panda house.

“Panda Forest” was also modeled after the nature of Sichuan Province,

China. It would be nice if the two pandas could relax and spend time here.

Today is the 300th post on this blog. I would like to thank everyone who

has read and commented so far.

We will continue to aim to create a blog that is easy to read and introduces

Japan. We mean me and Miyabi-panda. Thank you for your continued

support.

Miyabi-pandaとお菓子で、乾杯?しました!
 Miyabi-panda and I toast? with sweets!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です