【Omisoka】大晦日

 今日は、一年の最後で”大晦日(おおみそか)といいます。

”大晦日”とは、元旦の前日である。大晦日には、その時のために、

特別に用意したそばを食べ、夜中まで起きていて、近くの寺から

108つの除夜の鐘を聞く。”

引用元:植山 源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300選」

特別なそばとは、”年越しそば”のことをいいます。

”年越しそばは、熱いつゆの中にそばが入ったどんぶりのことで、

大晦日に食べるのが習慣となっている。「そば」という語は、

「蕎麦」を意味するが、「側(そば)」という言葉と同音語であるため、

新年が近付いていることを意味するのである。”

引用元:植山 源一郎氏著書「日本的事象・英文説明300選」

これを食べると、一年が終わると実感します。

皆さま、よいお年をお迎えください!!

Today is called ”Omisoka”, which means the last day of the year.

“”Omisoka is New Year’s Eve. People eat buckwheat noodles

specially prepared for the occasion and stay up till midnight

to listen to the 108 chimes of a nearby temple bell. “”

Origin of source: Genichiro Ueyama”Japanese-style phenomenon,
300 selections of English sentence explanation.

The spcial buckwheat noodles means “Toshikoshi-soba”.

“”Toshikoshi-soba is a bowl of buckwheat noodles in hot broth

customarily eaten on New Year’s Eve. The word “soba”, which

means “buckwheat noodles”, is a homophone for a word that

means “being close” and therefore signifies the approach of the

new year.””

Origin of source: Genichiro Ueyama”Japanese-style phenomenon,
300 selections of English sentence explanation.

When we eat this, we realize that one year is over.

Have a nice year, everyone!

Miyabi-panda eats “Toshikoshi-soba”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です