【Ohagi】おはぎ

 そろそろ、お彼岸が近くなりました。おはぎが食べてくなったので、探してい

ましたが、なかなか見つかりませんでした。

 ”お彼岸”は、春と秋にある仏事行事です。日本ではこのお彼岸の時期に、祖先

の供養ために、おはぎを食べる習慣があります。春はこの和菓子を”ぼたもち”と

言い、この時期の花である”牡丹の花”から名付けられています。また秋は、”おは

ぎ”と言い、この時期の花である、”萩”から名付けられました。季節によって、

同じものが、言葉を変えて表現されるのも、日本語の特徴です。

 おはぎを食べる理由は、材料の小豆が、赤い色をしているので、邪気を払うか

らと言われています。一言で説明すると、下記のようになります。

 おはぎはもち米でできた俵型のお菓子であり、甘い練り小豆でくるまれている。

 引用元:植山源一郎氏著書「日本事象英文説明300選」

 本題に戻りますと、デパートの催事で、「ALTELIER FUJITA」のおはぎに出

会いました。フレンチのシェフが作るおはぎです。今回、”レモンと小豆”と”味噌

とそばの実”の2つを頂きましたが、美味しかったです。小ぶりなので、2個と

もペロリと食べました。どちらも美味しかったのですが、下の写真の向かって右

側の白い方が、味噌とそばの実のおはぎで、食べたことないほど、美味しかった

です。いつか、お店のフレンチも食べてみたいです。

詳細は、こちらから ⇒ https://hal-note.com/atelierfujita/

Miyabi-pandaの独り占め!
Miyabi-panda has all to herself.

It’s getting close to the equinoctial week. I’m looking for Ohagi as I want to

eat it, but I couldn’t find them.

The “equinoctial week” called Ohigan in Japanese is a Buddhist event in

spring and autumn. In Japan, it is customary to eat Ohagi (rice cakes) as a

memorial service for the ancestors during the equinoctial week. This

wagashi (Japanese cake in English) is called “Botamochi” in spring, named

after the flower of the season, “peony flower”. In Autumn, it is called

“Ohagi”, named after the flower of the season, “Hagi flower”. As a

characteristic of the Japanese language is that the same thing is expressed

with different words depending on the season. It is said that the reason for

eating Ohagi is because the red color of azuki beans, which are used to

make it, ward off evil spirits. In a nutshell, it can be explained as follows. 

Ohagi is an oval-shaped sweet made from sticky rice, coated with sweet red-bean paste.

Origin: Japanese-Style phenomenon, 300 selection of English sentence explanations.

Back to the topic at hand, I encountered “ATELIER FUJITA” ‘s Ohagi at an

event at a department store. It’s made by a French chef. This time, I had

the lemon and azuki beans ohagi, and the miso and buckwheat seeds

ohagi, so they were delicious. It’s so small that I ate them without missing

a beat. Both were delicious, but the white one on the right side of above a

picture was the most delicious miso and buckwheat seeds ohagi as I’ve

never had. I’d like to try their French restaurant one day.

For more information, click here. ⇒ https://hal-note.com/atelierfujita/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です