【National treasure 5 castles No.4】国宝5城 No.4

 国宝5城の最後は、島根県・松江城です。

 松江城は、国宝指定は一番新しく、2015年に仲間入りしました。

 別名千鳥城と言われる、松江城は、江戸時代に関ヶ原の戦いで功績を

残した、初代松江藩主の堀尾忠氏により築城されました。

 松江城の周りには、縁結びの出雲大社、『怪談』などを書いたギリシャ

生まれの新聞記者である小泉八雲の記念館、武家屋敷などがあり、

みどころのある場所です。

 東京から、新幹線と特急で約6時間、または飛行機とバスで約2時間、

または深夜バスで行くことができます。詳しくは下記ををご覧ください。

The last of the national treasures five castles is Matsue Castle in Shimane Prefecture.

Matsue Castle is the most recent national treasure to be designated, joining the ranks

in 2015. Matsue Castle, also known as Chidori Castle, was built in the Edo period by the

first lord of Matsue, Horio Tadauji, who was victorious in the Battle of Sekigahara.

Matsue Castle is surrounded by the Izumo Taisha Shrine, a shrine of good fortune,

a museum dedicated to Koizumi Yakumo, the Greek-born newspaper reporter who wrote

“Kaidan” (Ghost Stories), and samurai residences.

It takes about 6 hours from Tokyo by Shinkansen and limited express, or 2 hours by plane

and bus, or a midnight bus. For more information, please see below.

国宝 松江城ホームページ (matsue-castle.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です