【National treasure 5 castles No. 2】国宝5城 No.2

 今回は、国宝5城から愛知県・犬山城を紹介します。

 この犬山城は、天守のみ現存する城で、別名「白帝城」といいます。

白帝城とは、中国にある城で、江戸時代の儒学者・荻生徂徠が名付け

ました。天守とは、別名天守閣のことで、英語で”keep tower”と言われて

います。織田信長の叔父の、信康が改修し、豊臣政権の時の、石川定清

という人が、現在の形にしたそうです。2004年まで個人が所有して

いたというから驚きです。

 東京から、新幹線と私鉄を利用して、2時間30分ほどで行くことが

できます。

 詳細は、下記をご覧ください。 VRで城の中を見ることができます。

In this time, I will introduce Inuyama Castle, Aichi Prefecture as one of the

national treasures five castles.

Inuyama Castle is the only surviving castle tower, also known as the Haku-Tei

(White Emperor in English) Castle.

There is The White Emperor Castle in China, in honour of that named by

Confucian scholar, Ogyu Sorai in the Edo period.

Tenshu has the name of Tenshu-Kaku, which is also known as the keep tower

or castle tower in English. It was renovated by Nobuyasu, Oda Nobunaga’s uncle,

and made into the present form by Ishikawa Sadakiyo in the Toyotomi administration.

I am surprised that It was owned by a private individual until 2004.

It takes about 2 hours and 30 minutes the journey from Tokyo by Shinkansen and

private train. For more information, please see below. You can see the inside of the castle in VR.

国宝犬山城 (inuyama-castle.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です