【Museum at home】おうちでミュージアム

 日本の”おうちでミュージアム”を紹介します。

http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/ouchi-museum/

この中から、北海道博物館を覗いてみました。小さなお子様も遊べそうな、ぬり

えやすごろくが掲載されていました。私が注目したのは、北海道の名付け親、

松浦武四郎という人物です。

松浦武四郎(1818~1888)

 江戸時代末期から明治にかけての探求家です。実家が三重県松坂市にあり、家の前が”伊勢神宮”へ行く道だったので、当時流行だった”おかげ参り”という伊勢神宮への参拝で、1年間に500万人もの人の行き来を、眺めていたそうです。彼は、菅原道真公を篤く信仰し、学問的探求心が強く旅好きでした。僧になっていましたが、親兄弟が亡くなってしまい、僧をやめて蝦夷地へ旅に出ました。間宮林蔵が、樺太を回っていた30年以上後の話です。生涯で6回も北海道へ行き、150冊の調査記録を残しました。1869年に開拓判官となり、北海道の名付け親となりました。

当時アイヌとの交流で、自分たちの土地を”カイ”と呼ぶと聞き、尊重してこの文字を入れた”北加伊道”としました。

詳しいことは、三重県松坂市にある”松浦武四郎記念館”でわかります。

現在は、休館中です。 松浦武四郎とは

 もしも、伊能忠敬(1745-1818)や間宮林蔵(1775-1844)と松浦武四郎が出

会っていたら、楽しい旅の話をしていただろうと想像します。交通も発達してい

なかった江戸時代に、徒歩で旅をしていたのは、尊敬に値します。

今週も頑張っていきましょう♬

I introduce the” Museum at home” in Japan.

http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/ouchi-museum/

I looked in the Hokkaido Museum from this site. Colouring and the

sugoroku game that the small children seemed to be able to play were

published. I paid attention that it is a godparent of Hokkaido called

Matsuura Takeshiro.

Matsuura Takeshiro(1818-1888)

He is a searcher of Hokkaido from the end of years of the Edo era to Meiji. The parents’ house was in Matsuzaka City in Mie Prefecture, and he was said to see 5 million people comings and goings worshipping to Ise Grand Shrine in front of his house. It was called a visit to trendy “Okage Mairi( say grace in English)” at the time.
He ardent believed in Prince Sugawara Michizane, and is the academic searcher and strongly liked a trip. He became a Buddhist priest, but he resigned it as his parents and brothers died, and he went to the Ezo place on the trip. It is a later story more than 30 years when Mamiya Rinzou went around Karafuto. He went to the 6 times in Hokkaido throughout life and left the investigation into 150 books record. He became a reclamation third-ranking official in 1869 and became a godparent of Hokkaido.

He heard it by the interchange that they called their land “kai” in Ainu. So

he named “Hok-kai-do” as he respected it.

You can understand for more details at “Matsuura Takeshiro Memorial” in

Matsuzaka City in Mie Prefecture. It’s closed now. 松浦武四郎とは

I imagine that if Matsuura Takeshiro had met Ino Tadataka (1745-1818)

and Mamiya Rinzou (1775-1844), they would have talked about their

pleasant trips. It deserves respect to have gone on a trip on foot in the Edo

era when the traffic did not develop.

Let’s do our best in this week.♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です