【Momuji Manju】もみじ饅頭

 昨日紹介した「もみじ饅頭」について、もう少し詳しく説明します。

「もみじ饅頭」は、広島県・宮島を代表するお菓子で、明治時代後期から作られ

ています。名前の通り、もみじを型どったお菓子で、餡をいれたものが最初で

す。しかし、現在では、チョコレートなど様々にアレンジされて、変わらない人

気のお菓子です。まんじゅうの定義は、以下のとおりです。

 まんじゅうは、甘くした練り小豆を詰めた、丸い形をしたパンのようなものである。まんじゅうの皮は、小麦粉から作るのが一般的だが、米粉やそば粉を混ぜたものを用いることもある。

引用元:植山源一郎氏著書「日本的事象英文説明300選」

 もみじの形にしたのは、考案された宮島に、「紅葉谷」という紅葉のきれいな

ところがあったので、名付けられたそうです。

 また、定義と異なるのが、もみじ饅頭の皮の生地です。小麦粉・卵・砂糖・は

ちみつを使ったカステラ生地です。広島へ行かれるときは、ぜひお召し上がりく

ださい。以前の広島の記事も、参照ください。

Let me explain a little more about the “Momiji Manju”, which I introduced

yesterday.

“Momiji Manju” is a representative of Miyajima in Hiroshima Prefecture

and has been made since the late Meiji period. As the name suggests, it is a

maple-leaf shaped sweets and was first filled with red bean paste. Today,

however, it is still a popular sweet that has been arranged in various ways,

including chocolate. The definition of a manju is as follows.

Manjyu are buns stuffed with sweetened bean paste. The bun is usually made from wheat flour, sometimes mixed with rice or buckwheat flour.

Origin of source: Genichiro Ueyama “Japanese-style phenomenon, 300 selections of English sentence explanation.

The shape of the maple tree was chosen because there is a beautiful place

called “Momiji-Dani” in Miyajima where this sweet was originally

designed.

Another thing that differs from the definition is the dough of the skin of

the Momiji Manju. This sponge cake dough is made of flour, eggs, sugar,

and honey.

If you go to Hiroshima, please try it out. See also our previous article on

Hiroshima.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です