【Meiji Shrine Museum】 明治神宮ミュージアム

 明治神宮は、東京にある、明治天皇と昭憲皇太后をお祭りしてある神社です。

この地に建立されて100年目ということで、敷地内に”明治神宮ミュージア

ム”が昨年建築されました。建築家の隈研吾氏によるものです。

 彼の作品は、”木”のもつ優しさや雄大さを感じられる空間を作り出す素晴らし

いものばかりです。以前、中目黒のスターバックスを紹介しました。

 話はもどって、このミュージアムには、エドアルド・キヨッソーネの描いた明

治天皇と昭憲皇太后の御尊影があります。また、大日本帝国憲法の発布の日に、

お二人がお乗りになった六頭曳儀装車(ろくとうびきぎそうしゃ)も展示されて

います。こう呼ばれる理由は、当時、6頭の馬によって引かれた馬車だったから

です。2頭は、先頭を歩き、残りの4頭が馬車を引きます。

 現在閉館中の、同敷地内にあった宝物殿から、移動されたそうです。

ゆったりとしたこのミュージアムで、天皇がお使いになった品々を拝見できるの

で、貴重な時間を過ごせそうです。

詳細は、下記ホームページから確認ください。

https://www.meijijingu.or.jp/museum/

1週間終わりました。よい週末をお過ごしください。

The Meiji Shrine is a shrine in Tokyo that honors Emperor Meiji and

Empress Shoken.

To commemorate the 100th anniversary of its construction, the “Meiji

Shrine Museum” was built on the site last year. It was built by Mr.Kengo

Kuma, an architect.

His works are wonderful in that they create a space in which you can feel

the tenderness and grandeur of wood. I previously mentioned Starbucks in

Nakameguro.

Back to the topic at hand, this museum has a portrait of Emperor Meiji

and Empress Shoken, painted by Eduardo Chiossone. Also on display is the

six-headed carriage in which they rode on the day the Constitution of the

Empire of Japan was promulgated. The reason it was called this name is

because the carriage was pulled by six horses at the time. Two horses walk

in the lead, and the remaining four horses are pulling a carriage.

It has been moved from the Treasury Hall, which was located on the same

site and is now closed.

You’ll spend some valuable time in this spacious museum, where you can

see the artifacts used by the emperor.

For more information, please visit the website below.

https://www.meijijingu.or.jp/museum/

The week is over. Have a good weekend.

「六頭曳儀装車」 明治22年、憲法発布式の日に明治天皇・昭憲皇太后がお乗りになった馬車。
引用元:明治神宮ミュージアムHP・六頭曳儀装車(ろくとうびきぎそうしゃ)

Origin:Meiji shrine Museum Homepage,”The six-headed carriage”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です