【Matcha】抹茶

 抹茶といえば、どこを思い浮かべられるでしょうか?

 私は、京都です。

 日本のお茶といえば、静岡や鹿児島が有名ですが、実は、平安時代に

天台宗の祖である最澄が、中国から”チャノキ”を持って帰り、滋賀県で

栽培が始まり、その後、日本各地に広まりました。

 いまでは、お菓子にも使われるようになったので、身近な存在です。

今の時期は、新茶で作ったお菓子が販売されていますので、食べてみては

いかがでしょうか?

When you think of matcha, which place comes to mind?

I think of Kyoto.

Shizuoka and Kagoshima are the most famous tea regions in Japan!

However, In fact, in the Heian period (794-1185), Saicho, the founder of

the Tendai sect of Buddhism, brought back the chanoki tree from China and

started to cultivate it in Shiga prefecture, after which it spread all over Japan.

Nowadays, it is familiar to us because it is used in confectionery.

At this time of year, sweets made from fresh tea are available for purchase,

so why not try some?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です