【Lily of the valley’s day】すずらんの日

今日から、5月が始まります。5月1日は、すずらんの日です。

日本では馴染みがないのですが、フランスでは、大切な人にすずらんの花を渡す

そうです。もともとは、460年ほど前に、フランスの王様がすずらんの花束を

受け取って、それを宮廷の婦人におすそ分けしたことから始まるそうです。”す

ずらん”という名前ですが、ランの仲間ではなく、ゆりの仲間だそうです。小さ

くてかわいい花です。 すずらんの花言葉は、いくつかあるのですが、”再び幸せ

が訪れる”です。私たちにも、再び幸せが訪れますよう願うばかりです。

 ちょうど今、咲く時期で、近所でも見かけました。

外出自粛要請が、長引きそうな感じです。今日も頑張っていきましょう!

May starts on today. The 1st of May is a day of the lily of the valley.

As is unfamiliar to Japanese people, in France, people seem to hand

a lily of the valley to an important person.

Originally, approximately 460 years ago, French King received the bouquet

of the lily of the valley, and it seemed to begin because he shared it to

women of the Imperial Court.

We call this “Suzu-Ran” (Bell-Orchid in English literally) in Japan, but it is

not a friend of an orchid, but a lily. It is a small and cute flower. They have

some flower language of the lily of the valley but I’m choosing” return of

happiness”.

I just pray so that happiness comes again.

At the time to just bloom, I saw it in the neighbourhood.

The request for self-restraint in going out seems to be extended.

We will do our best today!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です