【Kotatsu】こたつ

 だんだんと、寒くなってきました。

日本で、代表的な冬を過ごす暖房器具として、「こたつ」があります。

 漢字で、「炬燵」と書き、使われ始めたのは、室町時代と言われています。最

初は、囲炉裏(いろり)の上に櫓(やぐら)を組んで、布団をかけたものを、こ

たつと呼んでいました。それから、地面を掘って、練炭などを置いてその中で足

を入れて温めたものを、「掘り炬燵」と呼びました。日本だけかと思っていまし

たが、イランやスペインにも同様の暖房器具があるそうです。

 暖かいので、なかなか出ることが出来ず、色々なことが出来ないので、現在は

あまり人気がないのですが、腰から下に巻く「ひとりこたつ」も、数年前から人

気になりました。

 東京の原宿で、このこたつに入ってくつろげるカフェが、限定で開催されま

す。詳しくは、下記をご覧ください。

 子供のころに、こたつに入って、アイスを食べていた贅沢な時間を思い出しま

した。ここでは、冷たいデザートをこたつに入って食べられるそうです。

It’s getting colder and colder.

In Japan, the kotatsu is one of the most popular heaters for winter. The

Chinese character for “kotatsu” is written as “炬燵” and is said to have been

first used in the Muromachi period. Initially, a kotatsu was a futon draped

over a hearth with a turret built over it. After that, they dug out the ground,

placed briquettes and other materials on it, and warmed their feet in it,

which was called the ”dug kotatsu”. I thought it was only in Japan, but I

heard that Iran and Spain also have similar heating systems.

Because it’s warm, it’s hard to get out and do a lot of things, so it’s not very

popular at the moment, but the”alone kotatsu”, which is wrapped from the

waist down, has become popular over the past few years.

A cafe where you can relax in the kotatsu will be held for a limited time in

Harajuku, Tokyo. For more information, please visit the following website.

It reminded me of the luxury of eating ice cream in the kotatsu when I was

a child. They say you can eat cold desserts here under the kotatsu.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です