【Kojiki】古事記

 1月28日は、稗田阿礼と太安万侶が、歴史書である「古事記」を完成し、元

明天皇に献上した日です。720年の奈良時代のことです。

 豪族たちの争いで、家に火を放った際に、朝廷の保管していた書庫まで燃えて

しまいました。そこで、この歴史書を暗唱していた稗田阿礼が、文字を書くこと

にたけていた太安万侶と協力して、古事記ができました。

 このことを歴史で勉強したとき、稗田阿礼さんはすごいなと思いました。日本

の歴史の推古天皇の時代までをすべて暗記していたんですから。

 少し、記憶について面白い本を読みました。「超記憶術」(山口佐喜子さん著

書)です。ひとには、視覚が優位な人と、聴覚が優位な人がいるそうです。それ

を判断するのは、視覚が優位な人は、「見て見て!」が口ぐせで、聴覚が優位な

人は「聞いて聞いて!」が口ぐせだそうです。

 私は、「見て見て!」という方が多い気がしますが、人の話を聞くのは苦手で

すが、誰が何を言ったかということは、いつまでも記憶しています。

 そして、資格試験には、「知っている」だけではダメで、それを人に話せるレ

ベルにならなくては、合格しないと書いてありました。また、コツコツやってい

きます。

 今日も寒くなりそうです。暖かくして、過ごしましょう♬よい1日を!

The 28th of January is the day that Hieda Are and Ono Yasumaro

completed the historical book “Kojiki” and presented it to Emperor

Genmei. It was the Nara period in 720.

In a dispute between the powerful families, when they set fire to their

houses, they also burned the archives which were kept by the Imperial

Court. And Hieda Are, who had recited this history, collaborated with Ono

Ysumaro, who was skilled in writing, and the Kojiki was born.

When I studied this in history, I thought that Hieda Are was amazing

because he had memorized the entire history of Japan up to the time of

Emperor Suiko.

I read an interesting book about memory. The book “Super Memory” is

written by Sakiko Yamaguchi. Some people are more visual than others,

and some are more auditory than others.

This is determined by the fact that those who are visually dominant say,

“Look! look!” for those with a visual sense, and “Listen, listen!” for those

with an auditory sense.

I say more of a “Look!look!”. However, I’m not good at listening to people,

but I can always remember who said what. Also, it said that it is not

enough to just “know” a qualification exam, so I have to be able to talk

about it to others to pass it. I’ll be back to study step by step.

It’s going to be a cold day. Let’s stay warm! Have a good day.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です