【Knitting Day】ニットの日

 今日、2月10日は、ニットの日だそうです。ご存じでしたか?

 ニットは手入れが大変なので、最近は着ていなかったのですが、温度差で風邪

をひいてしまったので、着ています。

 日本人は、いつごろからニットを着るようになったのでしょうか?

 ニットの代表としてセーターがあります。これが初めに作られたのは、11世

紀のノルマン人が航海の際に、寒さをしのぐために、イスラムの手芸技術が基本

にして作ったものを言います。

 日本で最初に洋服を着たのは、1543年薩摩の郷士である、伊集院兼房と言

われています。ポルトガルの商船を助けたお礼として、スーツをもらいました。

 しかし、セーターやニットに関することは、見つけられませんでした。

 寒い冬に暖かくしてくれるニットの良さを、再認識する日にしたいです。

1ケ月10,000円食費・10日目

 朝は、パンとリンゴとヨーグルト、そしてホットコーヒーです。昼は、シーチ

キンと白菜のパスタ、夜は、鶏肉入りのシチューと納豆を食べました。そろそ

ろ、朝食用のパンと果物がなくなったので、買いに行ってきます。

 今日も寒いですが、暖かくして過ごしましょう♬ 

Today, the 10th of February, is Knitting Day, the Japanese reading of 2 and

10. Did you know that?

I haven’t worn knitwear recently because it’s so hard to look after, but I’ve

caught a cold from the temperature difference, so I’ve been wearing it.

When did the Japanese start wearing knitwear?

One of the most common types of knitwear is the sweater. It was first

made by the Normans in the 11th century to keep out the cold on their

voyages and was based on Islamic handicraft techniques.

The first person to wear clothes in Japan was Ijuin Kanefusa, who is a

samurai from Satsuma in 1543. As a reward for saving a Portuguese

merchant ship, he was given a suit.

However, I could not find anything about sweaters or knitwear.

It’s a day to rediscover the benefits of knitwear to keep you warm in the

cold winter months.

Food budget 10,000 yen a month, Day 10

In the morning I have bread, apple, yoghurt and hot coffee. For lunch I

had pasta with sea chicken and Chinese cabbage, and for dinner I had stew

with chicken, and natto (fermented soybeans). I am about to run out of

bread and fruit for breakfast, so I am going to go and buy them.

It’s another cold day, but let’s keep warm♬

昼・Lunch
夜・Dinner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です