【Kennin-Ji Temple 2】建仁寺 2

 先日、禅の寺の建仁寺を紹介しました。その中に出てきた、

〇△□の庭について質問を頂きましたので、お知らせします。

 日本語では、丸、三角、四角の庭と読みます。禅宗の四大思想

(地水火風)であるうちの、3つ、地(☐)、水(〇)、火(△)を表します。

 具体的には、四角は、井戸のふた、丸は、中央の木、三角は、

この庭園の隅です。この寺の中にある方丈の庭に比べて、小さいです。

この様式を枯山水式庭園といいます。枯山水とは、水を用いずに岩や

砂などで山水を表現した庭園のことです。

 大きな寺ですが、どなたかの家にお邪魔しているような、ゆった

りした時間が過ごせます。建仁寺の過去の紹介ブログは、下記をご覧ください。

A few days ago, I introduced Kennin-Ji, a Zen temple.

I would like to inform you that I have received a question about the 〇△□ garden,

which was mentioned in the article.

In Japanese, it is read as a garden of Maru (circle in English), Sankaku (triangle),

and Shikaku (square).

It represents three of the four main ideas of Zen Buddhism (earth, water, fire, and

wind): earth (☐), water (〇), and fire (△).

More specifically, the square is the lid of the well, the circle is the central tree, and

the triangles are the corners of the garden. It is small compared to the Hojo garden

in this temple. This style of garden is called the Karesansui style garden.

The Karesansui is a type of garden in which rocks and sand are used to create a

landscape without the use of water.

It’s a big temple, but you can relax and feel as if you are visiting someone’s home.

For previous introductory blogs on Kennin-Ji Temple, please see below.

【Kennin-ji Temple】建仁寺 | Travel with Miyabi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です