【Kansha】感謝

 日本語で「感謝」という言葉があります。

 この意味は、何かをしてくれた事や物に対する、ありがたい、

という気持ちや、その感情に対して表す気持ちのことです。

 恩義(義理を含んだ恩返しの気持ち)とは、全く異なるもの

なのです。

 今になってなぜこの言葉を書いたかというと、昨日、1回目の

ワクチンを受けてきました。緊張している私たちに、常に、笑顔と

気配りをしてくださった、医療従事者の方々やスタッフの方々が

いました。どの方も、安心させてくれて無事終わりました。

 帰った後も、声をかけてくれる家族や周りの人たちがいます。

 とても幸せな気持ちになり、「感謝」しました。

 様々な宗教では、この「感謝」について、説いています。今回は、

日本の主な宗教である「仏教」から、考えてみました。

 この”感謝”を表明する言葉に、”ありがとう”があります。もともと、

”有ることが難しい”という意味です。この言葉が、人として生まれた

「有り難さ」と命の尊さを伝える語源とする説があります。

 西洋の宗教は、神さまに対してだけ、”感謝”を説いていますが、仏教は、

仲間や周囲の人への感謝をすることが、お釈迦様によって説かれています。

 深い意味を持った、”ありがとう”という言葉は、常に気持ちと共に使って

いきたいと思っています。

There is the word “Kansha” in Japanese.

It means a feeling of gratitude for something done or something that has been

given to you, or a feeling of being grateful and the feelings you express towards that feeling.

A debt of gratitude (a feeling of repayment that includes a sense of duty) called “Ongi” is

something completely different.

The reason why I’m writing this word now is that I had my first vaccine yesterday.

There were always smiling and attentive health professionals and staff who were always

there for us when we were nervous. All of them made me feel at ease, and

I was able to finish safely.

I have family and people around me who call on me after I leave.

I felt happy and “Kansha.”

Many religions preach about this “gratitude.”

In this time, I have been thinking about Buddhism, the main religion in Japan.

One word that expresses this gratitude is “thank you” called “Arigato.” Originally,

it is derived from a phrase “difficulty to be there.”

Japanese believe that this word is the origin of the phrase “thankfulness” for being born

as a human being and the preciousness of life.

While Western religions teach us to be grateful only to God, Buddhism teaches us to be

grateful to our fellow beings and the people around us.

The word “Arigato” has a deep meaning, and I always want to use it with feeling.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です