【Kairakuen】偕楽園

 日本3名園と言われる、茨城県にある偕楽園を紹介します。

日本人には、地名から「水戸の偕楽園」として知られる、庭園です。

 ここは、江戸時代、水戸藩主の徳川斉昭が造園し、領内の民と偕(とも)

に楽しむ場にしたいと願いを込めて造られました。

 静かな孟宗竹林、広大な庭園を歩けば、リフレッシュできる場所です。

 はるか昔に想いを馳せて、散歩してみませんか?

 JR水戸駅からバスで20分、その後、5分ほどで到着します。

 詳細は、下記をご覧ください。

 明日は、水戸駅付近の美味しいものを紹介します。

Kairakuen, one of Japan’s three most famous gardens, is located in Ibaraki Prefecture.

The garden is known to the Japanese as “Kairakuen in Mito” because of the name of

the place. The garden was created by the Lord of Mito, Tokugawa Nariaki, in the Edo

period (1603-1867), with the hope that it would be a place where the people of his

domain could enjoy themselves together.

A quiet Moso bamboo grove, a walk through the vast garden is a refreshing experience.

Why not take a walk back in time?

It takes 20 minutes by bus from JR Mito station, then 5 minutes to get there.

For more information, please see below.

Tomorrow, I’ll show you some of the best things to eat near Mito Station.

日本三名園 偕楽園 (ibaraki-kairakuen.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です