【Japanese confectionery】日本の駄菓子

  日本では、お菓子のことを駄菓子と呼びます。

 「日本に来る外国人の『やりたいことリスト上位』が駄菓子を食べること」

という回答があるというニュースを見ました。

 確かに、日本では駄菓子屋さんがありましたが、年々数は、減っています。

しかし、スーパーや、雑貨店などで、比較的手に入れやすので、人気が出ている

ようです。

 中でも、「うまい棒」は、どこの国でも人気です。海外へ行く際に、お土産で

持って行ったのですが、すぐに「今食べてもいいですか?」と言われるほど、人気

で驚きました。各国にも、似たような味があるので、日本で生活されている方は、

なつかしく感じていらっしゃるようです。 

In Japan, sweets or confectionery are called dagashi. I saw a news report that said

“Eating sweets is one of the top things on the list of things foreigners want to do

when they come to Japan.”

It is true that in Japan there used to be Dagashi shops, but the number is decreasing

every year. However, they are relatively easy to find in supermarkets and grocery shops,

so they are becoming more and more popular.

Among them, a Snack called “Umaibo” is popular in every country.

I took it as a souvenir when I went abroad and was immediately asked if he/she could

have some now. I was surprised at how popular it was. There are similar flavours in many

countries, so those who live in Japan will find it very familiar. 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です